ヘッダイメージ

サッカーの練習メニューを集めました!

監督・指導者・キャプテン・親子向け情報サイトです!

項目別に役立つトレーニングを紹介していきます。

ポイント


○観る(ボール→ゴール→ボール)。
○軸足真っ直ぐしっかり踏み込む。
○ボールに対して蹴りやすい位置に軸足を置く。
○蹴る側の足首は固定、他の部位はリラックス。
○スウィートスポットにしっかり当てる。
○膝から下を素早く振る。
○ボールを押し出すフォロースルー(接触時間が長いと、伸びのあるシュートになります)。
○膝をかぶせて撃ち、絶対浮かせない(手前でワンバウンドする位の方がキーパーは取りにくいです)。
○枠をとらえる。
○シュートを撃った次の一歩から、こぼれ球に詰め寄る。
○ゴールまでをイメージする。
○なるべくゴールできる確率の高い場所でシュートをする。
○タイミング良くDFの前に入り込む。
○パスの出し手に対する、連携した受ける為の動き出し。
○シュート技術をもって、ダイレクトで撃てる時は撃つ。
○相手の隙を逃がさず、積極的にシュートを撃つ。
○球際の力強さ、ボールへの執着心、得点への強い意欲。
○右左苦手な足を作らない。

基本練習


■ゴール前10m
出したボールをサイドネットに向かってインステップシュート。軸足真っ直ぐ足首固定してボールを押し出す様、基本に忠実なフォームを意識させます。反復練習なので、並んで待つ時間を作らせない様に複数の場所を設定してください。
FWFW
■種類
○通常型(ワンタッチ)
○ワンバウンド(自分でワンバウンドさせる)
○ワンバウンド横ボレー(自分でワンバウンドさせる)
○ワンバウンド横ボレー(他の人が横から手でワンバン配球)
○ノーバウンド横ボレー(他の人が横から手でノーバン配球)
○グランダー(少し離れた横からのグランダー配球を両サイドネットに撃ち分ける)
○ヘディング(他の人が横から手で配球)

かわしてシュート


ペナルティマークにコーンを置き、そのコーン(DF)をフェイントでかわしてシュート。これも、一番基本的なシュート練習です。
ゴール前の一番の優先は『シュート』。DFは抜き去るのではなく、かわして(ボールをずらして)コースを作ったら即座にシュートをするべきです(かわしてからシュートするまでの時間を極力短く)。かわす角度も斜め前ではなくゴールに対して直角にし、最短でシュートを撃つ様にさせてください(4歩以内!)。ゴール前では、時間もスペースも無いという事です。※動画は中二ですが、まだまだですね…。

下図のターンシュートも同じです。ターンの場合はコントロールからのシュートになりますが、どれだけ早くシュートを撃てるかです。ゴール前なので、ノロノロしていたらすぐにDFは寄って来ます。ターンのタッチのみで、ボールをシュートを撃てる位置に如何に置くかが鍵ですね。
GKFWMF
【オプション練習】
後ろのコーンでなく、左右にコーン間のゲートを作ってボールに寄る所からやらせてみましょう。…なので、スタート位置はゴールエリア付近です。ゲート間に一発のコントロールで通して、2タッチ目でシュートが撃てるかどうか。センスの無い選手は、寄ったそのままの勢いでマイナス側にコントロールするので、無理やり腰を捻ってシュートを撃たなくてはいけない状況になってしまいます。滑らかなシュート体勢を作る為に、ボールに寄りつつもコントロールの瞬間には半身になりゴール方向にボールを置く、そんなFWとしてのスムーズな身のこなしが自然と出来るといいですね。
次へ