ヘッダイメージ

サッカーの練習メニューを集めました!

監督・指導者・キャプテン・親子向け情報サイトです!

項目別に役立つトレーニングを紹介していきます。

4対4


■ダブルボックス
4対4、GK無し、コーチ配球。
※『ダブルボックス』はペナルティエリア2個分のコートです。
○ボールを取りに行く(プレッシャー)。
○シュートのコースを消す(ポジショニング)。
○組織で守る(コミュニケーション)。
CAAAABBBB
『ダブルボックス』という何処でもシュートが撃てて しかもGKも居ないので、最初はゴールが決まりまくります。コーチングの基本である『問いかけ』から始めてみましょう。ルールでGKが居ないのは決まっているので、シュートを撃たせてはいけない事に気付くはずです。「その為にどうする?」という更なる問いに「ボールを取りに行く」とか「プレッシャーを与えに行く」とかという答えが出ればOKですね。もっと言えば、ポジショニングもあります。シュートを撃つ瞬間に寄せきれない距離に居た場合「まずはシュートが体に当たる位置取りをする」まで言えたら上々です(ボールとゴールのライン上へのポジショニング)。守備というのは玉際も大切ですが、ボールを触れない時間帯が殆どだったりします。…という事は組織として守らなければいけないわけで、それを実践する為にコミュニケーションをとらなければいけません。後ろに居る人は前の選手に声をかけて、誰が行くべきか、コース切りをどうするか等を指示します。攻撃側を自分達の守りやすい状況に陥れる事で、その後のボールを奪える陣形を作り出して守備側として優位に立ちます。
前へ 次へ